vs日本

“2015年9月3日に、SAMURAI BLUEこと日本代表とカンボジア代表との試合が予定されています。開催地は埼玉県の埼玉スタジアム2002です。2018年に開催されるFIFAワールドカップロシアのアジア2次予選、兼AFCアジアカップUAE2019予選として開催される、非常に重要な試合です。
私はサッカーに詳しくもないし、サッカーそのものにさしたる興味もないので、どちらが何点差で勝つかなんて予想はまったくできませんし、予想する気もおこりません。まあ、一般的な常識から考えれば、それなりの点差で日本代表が勝利するのではないでしょうか?
しかし、カンボジアという国の経済発展から察するに、かつてほどの日本代表との実力差はなくなっていそうな気がします。ポルポト派の独裁政治によってまともにサッカーができなかった時代はとうに終わり、今のカンボジアは若い力であふれている国です。国としてこれからどんどん発展していくでしょうし、現に日本企業の多くがカンボジアに目をつけています。今もっとも世界経済に影響を与えている中国やインドなどの大国のような人口、国土面積こそありませんが、それだけに文化水準が先進国に追い付くのも早いでしょう。そうした環境下で多くの若者がサッカーに打ち込むようになれば、日本くらいのレベルだったらあっという間に追い付きそうな気がするんです。経済力や生活水準で日本に追い付くのはかなり先の話だと思いますが、サッカーは日本、そんなに強くないですもんね。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です