日本とも関係の深いカンボジアのサッカー

“スポーツとは大抵、その国の経済力を反映します。もちろん人種による向き不向きや人気なども影響されますが、同じ人種で同じ人口の国があったとしたら、経済力の高い国の方が強くなるのは言うまでもありませんよね。
サッカーも例外ではありません。メキメキと経済成長を続けるカンボジアのサッカーも、これに同じなのです。そんなカンボジアを経済面で支えているのが、日本であり、最近ではカンボジアのサッカーにも直接日本のメスが入ろうとしています。すでにトライアジアプノンペンFCという日経プロサッカーチームが1部昇格を果たしており、アルビレックス新潟も1部参入を表明しました。ちなみにトライアジアプノンペンFCのオーナーは日本の株式会社フォワード代表取締役の加藤明拓さんです。
このようにカンボジアのサッカーは日本と深い関係にあり、今後さらなる躍進が期待されているのです。日本人にとってもカンボジアのサッカーが強くなることは喜ばしいことであるといえるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です